テクノストラクチャー工法の家

    

パナソニックの「テクノストラクチャーの家」は、パナソニック電工が開発した新しい木造住宅工法でオリジナルの複合梁と接合金具を使用し、緻密な構造計算を行うことで、
今までの木造住宅の良さを伸ばしながら弱点を強化しました。
          

地震に強い

土地や生活スタイルは様々です。
テクノストラクチャーは、一棟ごと個別に緻密な構造計算を行うので
住まう人に合った設計で耐震性も強化します。

テクノビームと呼ばれる、木と鉄の複合梁や、
柱接合部には、一般的な接合の3倍の力に耐える
ドリフトピン接合を採用。
軽量鉄骨のH形鋼を芯材に、上下を集成材で挟んだ
サンドイッチ構造。
長年にわたって荷重がかかっても、
たわみの進行はほとんどなく、
強靭な躯体を維持します。

丈夫で長持ち

サビや腐食による部材劣化への対応や、結露防止
通気への配慮で耐久性を維持しています。

壁体内通気をはじめ、小屋裏換気、床下換気など、
住まい全体の通気に十分配慮して、
構造体の耐久性を高める工夫を施しています。

信頼の施工・品質

邸別の生産管理体制で、常に安定した
高品質の部材の提供と選ばれた取扱店・施工会社が
責任施工致します。

認定を受けた施工会社による
責任施工と、現場での自社検査、
複数の専門家によるチェックを
義務づけています。

テクノストラクチャー・施工例
埼玉県滑川町 Y・O様邸
■  施工例はこちら

住まいに関する各種ご相談

PR・キャンペーン等

  • 石桧の家ご案内ページへのリンクバナーです
  • パナソニックESテクノストラクチャー工法公式サイトのバナーです
  • 「住宅保証機構」 公式サイトのバナーです
  • 木耐協公式サイトのバナーです